低金利でお金を借りられる消費者金融

money_kinri_heru

金融機関の銀行で利用できるカードローンは、消費者金融会社で利用できるカードローンと比較しても低金利で利用できるものが多くあります。

これは、カードローンの申し込みをして融資の審査の内容が若干異なっていることで金利の違いが出てきます。

銀行や信用金庫などの金融機関で利用できるカードローンについては、申し込みを行う人の年収で判断しますが、それ以外にも審査を行うことがあります。

年収は一般的な人であっても多くの資産を所有している人になると、銀行や信用金庫の金融機関では、多くの財産を所有している人になることでカードローンの金利を低くなることがあります。

毎月の収入は一般的な平均年収であっても返済することができる資産を所有しているため貸し倒れの危険が少なくなることでカードローンの金利を低くして利用できるメリットがあります。

この金利を低く利用できるカードローンの利率では、2%から14%の利率を設定する銀行もあります。資産状況が良ければこの2%でカードローンの利用ができるのは非常にメリットがあります。

このカードローンになると、申し込みをした人の資産状況によっては最初から低い利率で利用できる場合があります。何年もカードローンを利用して変更するわけではないため、最初から技術を低く利用できるメリットがあります。

このメリットを活用することができる人であれば銀行や信用金庫のカードローンを申し込むのがメリットのある方法です。  

消費者金融の会社は、返済できる年収に応じた限度額をカードローンでは設けています。貸金規正法により限度額を設定することになるので、支払いをする利息の利率も限度額に応じた利率を設定することになります。

そのため、多くの財産を所有していても収入が少ない人にとっては限度額が低く高い利息を支払うことになります。この様な状態になるのは、カードローンの申し込みをした時の審査も関係しています。

申し込みをした人が多くの資産を所有していることがわからなければ収入で判断することになるので、利率の設定や限度額の設定もわかる範囲内の情報で決定されていきます。

そのため利率は高くなってしまう人もでてくることになります。長く利用していることで信用度が増えていけば利率の見直しを行ってくれて低い利率でお金を借りることができます。   

資産を多く所有している人にとっては、不本意な結果になることがあるので資産を多く所有していることがわかるような資料を提出することができれば利率の見直しをしてくれる場合があります。

しかし、必ず見直しを決定しくれるわけではないので、銀行や信用金庫の金融機関を利用することが、最初からお得な利率で利用できるカードローンになります。