主婦の方のキャッシングについて

543882

主婦の方はキャッシングをすることができるのでしょうか?

総量規制の考え方にたてば、年収の3分の1まではお金を借りることができますので、パートなどで一定の収入があれば、法的には問題なくお金を借りることが可能になります。

しかしながら、法的に問題が無いとしても、審査に通るということにはなりません。キャッシングをするためには、消費者金融の審査に通ることが必要になってくるのです。

審査に通るためには継続的な収入があることが望ましいといえます。ですから、夏や冬だけパートをするというのでは審査に通る可能性が非常に低くなってしまいます

毎月同じような感じでコンスタントにサラリーをもらっているという状態になることが審査に通りやすいということになります。

消費者金融の審査にパスすればもちろんお金をキャッシングによって借りることができるようになります。しかしながら、借りたお金は必ず利子を付けて返済をすることが必要になります。

パートの収入は不安定な部分もありますので、しっかりと返済プランを立てて借入をすることが必要になります。

小額であっても返済にトラブルが起きてしまうと、いわゆるブラックリストに掲載されることになってしまいますので、他の借入ができなくなってしまいます。

非常に不便な生活を余儀なくされてしまいますので借入の場合には十分な確認がおすすめです。

一方で専業主婦の方は全く収入が無いことになりますので、総量規制の観点からはお金を借り入れることができなくなってしまいます。

しかしながら、配偶者の方に一定の収入がコンスタントにあるような場合には借入可能な消費者金融もありますので、ネットなどで確認してみるようにするといいでしょう。

借入に際しては配偶者を返済の保証人に立てることが必要になることが多くなっています。

また、専業主婦の方の場合には配偶者の方のファミリーカードとしてクレジットカードを持つことができます。このカードにキャッシング機能がついていれば、限度額まではキャッシングによってお金を借り入れることができるようになります。

主婦の方の場合にはキャッシングすることは絶対に出来ないということではありません。色々な方法がありますので自分にとって可能なキャッシングの方法を検討してみることがおすすめです。

もちろんキャッシングによって借り入れたお金は必ず利子を付けて返済することが必要いなるのは言うまでもありません。