カードローンの金利はどのように決まっているのか?

l_039

カードローンを活用してお金を借り入れることによって、お金を有効活用することができるようになるのですが、カードローンの金利はどのように決まってくるのでしょうか?

カードローンの金利は法定金利の範囲内で金融機関が自由に決めることができるようになっています。

ですから、金融機関からお金を借りる際には返済の負担を最小限にすることを考えてできるだけ金利の低いところからお金を借り入れるようにすることが肝要であるといえます。

一般的には銀行からの借入の場合が一番金利が低いのですが、銀行からの借入は非常に審査が厳しい部分がありますので、お金をなかなか貸してもらうことはできません。

更には、お金を貸してもらえることが可能であるとしても、審査に非常に長い時間がかかってしまいます。

すぐにでもお金が必要という場合には銀行はあまり役に立たないと考えて良いでしょう。そんな銀行のデメリットを補う存在として消費者金融があります。

消費者金融の審査は非常に迅速ですので、最短で即日でお金を貸してもらえる場合もでてきます。消費者金融の場合には、銀行よりも金利が高くなってしまいますが、法定金利を超えた物ではありません。

また、消費者金融間で金利が異なっていることも多いので、一番低い金利の消費者金融を探して見ることもできます。また、一定期間無利子でお金を貸すことをしている消費者金融もあります。

このような場合には、元本だけの返済でいいということになりますのでおすすめです。

金融機関からお金を借り入れる場合の金利はどんなことがあっても法定金利よりも低い物でなくてはなりません。法定金利よりも高い金利でお金を貸しているような場合はいわゆる闇金とよばれるものですので、注意が必要です。

消費者の立場を考えずにほとんどの場合において、無審査が違法な貸し付けを行ってきます。悪質な金利でお金を貸し付けて、返せない状態になってしまうと違法な取り立てを仕掛けてきます。

利用者は精神的に追い込まれてしまうことにもなります。闇金のトラブルはほとんどの場合において個人のレベルでは解決できませんので、警察や法律の専門家に相談して助けてもらわなくてはなりません。

闇金からの借入が返済の義務はありませんが、非人道的な対応をしてくるので、どんなことがあっても闇金からお金を借りるようなことはしないことが肝要です。

後から後悔しないようにしなくてはなりません。